博多南駅のサクラ歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

Mobile Site

小児歯科

HOME»  小児歯科

小児歯科

小児歯科とは

小児歯科は子供の虫歯予防、虫歯治療、歯ならびの治療そして歯周病の予防と治療などを行うところです。

虫歯を放置することは、味覚形成や顎の成長などに影響を及ぼします。

当院では、将来の歯並びや虫歯などに不安をお持ちの保護者の皆様と共に、乳歯時期からの健康管理のサポートに努めていきたいと考えております。

そのために必要なことは、「子供に嘘をつかないこと」です。

こどもは歯科治療に対して何らかの不安や恐れをもっています。

歯科治療を受けるお子様の心理的な問題について充分に理解することから治療をスタートします。そしてお子様の心配を取り除き、リラックスして治療が受けられますよう、生涯を通じて歯科治療に対して悪いイメージが形成されないように心がけております。

乳歯の重要性

乳歯は、一定期間使うと永久歯に生え替わります。

短い期間に子供の成長において多くの大切な役割を果たしています。

乳歯の役割は大きく3つあります。

まず1つ目は「噛むこと」です。

よく噛むことは、子供の成長・発達に必要な栄養が効率よく吸収され、脳の発達にも役立つと言われています。

2つ目は、「発音」です。

たくさんの言葉を学習する幼児期は、歯が健康であることで正しくキレイな発音が可能になります。

最後に、「永久歯の誘導」です。

乳歯から永久歯に生え変わる時期には、乳歯の根は吸収されて次に生えてくる永久歯を誘導します。

そのため、乳歯が早期に虫歯で脱落していると不正咬合の原因になる場合があります。

このように大切な役割がある乳歯を、虫歯のまま放置しておくことは、将来の成長に大きく影響を与えてしまう可能性を秘めています。

虫歯予防に努め、虫歯になってしまったら早めに当院までご相談ください。

当院ではお子様にも定期検診のお知らせを行っております。

虫歯のチェック・歯並びのチェック・フッ素など・・・保護者様と同様にお子様のお口の健康のお手伝いをさせていただきたいと思っております。

虫歯予防

虫歯予防

虫歯は、歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間や咬合面の深い溝などができやすいので、ブラッシングを過信しすぎないことも必要です。

歯と歯の間ではデンタルフロスを、深い溝にはフッ素による歯質の強化やシーラントによってふさぎます。

虫歯予防(フッ素とは)

虫歯予防(フッ素とは)

フッ素とは、塩素やヨウ素などと同じハロゲン族元素の1つです。

化合力が非常に強く、身の回りのある土や水、草や木などの植物、いろいろな動物はもちろんのこと、人間の身体にも例外なくフッ素は含まれています。

私たちは、毎日食べ物や飲み物からフッ素を身体にとり入れています。

フッ素は、人間の身体、とくに歯や骨を丈夫にする有益元素です。

 

歯が生えたらすぐに」が原則ですが、子供の頃は次々と乳歯が抜け新しい永久歯が生えてくるので、定期的に年2~6回くらいが適当です。

当院ではフッ素塗布の他に、「フッ素イオン導入法」を行っております。

フッ素は歯質に取り込まれると、耐酸性のあるフッ化リン酸カルシウム(フルオロアパタイト)を形成します。

フッ素イオン導入法をすることでフッ素をイオン化させることにより、通常歯牙には取り込まれにくいフッ素を効果的に取り込み、より強いエナメル質を形成し、虫歯予防にとても効果的です。

もちろん保険適用です。

虫歯予防(シーラントとは)

虫歯予防(シーラントとは)

シーラントとは、奥歯の溝を虫歯になる前にフッ素を放出するお薬で埋めてしまう簡単な方法です。

特に溝が深くて複雑な6歳臼歯に効果的です。

歯を削らずに済みます。

 

虫歯予防(ブラッシング)

虫歯予防(ブラッシング)

歯が生えたらすぐ歯ブラシに慣れるようにします。

また食事のあとは、できるだけ歯をみがくようにしましょう。

自分で歯をみがくようになったら、最初は保護者様が仕上げみがきをお手伝いお願いします。