Mobile Site

矯正歯科

HOME»  矯正歯科

矯正歯科

                                 担当医:宮薗久信

矯正歯科」は、歯並びの悪い状態をきちんと噛み合う状態、きれいな歯ならびにする歯科治療です。

しかし、正常な咬合にするために、歯を削ったり、抜いて「差し歯」にすることは、基本的にはありません。

専用の矯正装置を用いて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯ならびと噛み合わせを時間をかけて治していきます。

当院では矯正歯科専門の先生に来ていただき、矯正治療を行っております。
又、矯正歯科相談日を設けております。

矯正を始める時期や歯並びなどが気になる方、まずはご連絡ください。

矯正歯科治療についてもっと詳しく知りたい方は
「宮薗矯正歯科」のHPへどうぞ⇒こちらから

不正咬合

悪い歯並びを総称して不正咬合といい、心身に大きな影響を与えます。

  • 食べ物が歯の間にはさまり、歯磨きがしにくく、虫歯や歯周病になりやすい。
  • 食べ物をよくかみ砕けず、胃腸などの消火器に負担がかかる。
  • 上下のあごの発育や、顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす。
  • 上あごと下あごをつなぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい
  • 咀嚼筋の発達に影響を与え、筋力のバランスが崩れて姿勢が悪くなる。
  • 正しい発音がしにくくなる。
  • 視力低下の原因になるといわれ、学力や運動能力の低下を招きやすい。

正常咬合

良い歯並びで良いかみ合わせを正常咬合といいます。

正常咬合になれば、多くの問題が解決します。

上下の歯が正しくかみ合い歯の接触面積が広くなり、咀嚼効率が向上し、食べ物の消化・吸収が促進され、心身共に健康な成長発育を示します。

また、健全な咀嚼運動は脳神経の血流を促進し、老化防止にもつながります。

矯正歯科(八重歯・乱ぐい歯)

歯が重なり合っている状態を叢生(八重歯・乱ぐい歯)と言います。叢生の場合、歯ブラシがゆきとどかず汚れが残りやすくなります。

矯正歯科(出っ歯)

上の歯が前に出ている咬み合わせを上顎前突(出っ歯)と言います。歯が出ていると、折れたりくちびるを切ったりしやすく、見た目もよくありません。

反対咬合(うけ口)

下の歯が上の歯より前に出ている咬み合わせを反対咬合(うけ口)と言います。うけ口の人は、食べ物がよく噛めないだけでなく、聞き取りにくい話し方になります。また、顔つきもしゃくれたかんじになります。

矯正歯科(開咬)

奥歯は咬んでいても、前歯が咬みあわずに、開いているものを開咬と言います。
いつまでも指をしゃぶっていたり、舌を出す癖があったり、鼻のとおりがよくないことから、口で呼吸してしまうことなどから起こります。
開咬は、前歯で食べ物を噛めないばかりか、正しい発音もできません。

Q&A

何歳くらいで相談したらよいのでしょうか?
不正咬合に気づいたら、すぐに相談しましょう。
矯正治療開始時期は、症状により異なります。
大人になってからでも矯正できますか?
もちろん大人でも矯正はできます。
最近は日本でも、大人で矯正する人が増えています。
年齢に上限はありませんが、成長期にある子供は成長・発育を利用しながら治療を進められるので、条件がより有利になります。
歯を抜かなければ、治療ができないのでしょうか?
歯とあごの大きさの不調和が著しい場合は、抜歯が必要となりますが、乳歯から永久歯に代わる頃やあごの成長が旺盛な時期に治療を開始すれば、歯を抜かずに治療する可能性も高くなります。
虫歯や歯周病にかかっていても、矯正はできますか?
矯正の前に歯の検査をして、虫歯や歯周病がある場合は、先に必要な治療をすませてから矯正治療をします。
矯正治療が成功するポイントは、どこにありますか?
矯正治療は長い治療期間を必要とします。
患者さんと矯正医が協力体制と信頼関係を保ちながら、途中であきらめないよう頑張ることが必要です。



1)治療費について     
                  検査                  5,000円(以下、消費税込み)     
                  部分矯正        
                        装置装着料      10~20万円(装置・部位による)        
           調整料            5,000円(来院月)
           治療期間         6~24か月 
        全体矯正
           装置装着料         60万円
           調整料            5,000円(来院月)
           治療期間         18~36か月
        定期観察              2,000円(来院月)
 

2)治療の進め方
  ①(相談)
    診察してから、症状について説明したり一般的な治療方法を解説します。骨格や噛み合わせ
    の程度、矯正を始める年齢および協力度によって治療の効果や期間は違いますので、
    大まかな治療期間や治療費について説明します。
    なお、お支払い方法なども受付でご確認ください。
  ②(治療開始の検査)
    レントゲン写真や歯列模型の型などを採取します。また、装置の型取りや装着の
    準備もします。
  ③(装着)
    装置を装着します。そして、装置についての注意事項やメンテナンスの方法や歯磨きの仕方、
    食事の時の注意事項についても説明します。また、装着したことによる違和感や
    痛みなどについても説明します。
  ④(治療)
    装置や治療方法によって異なりますが、定期的に来院いただいて装置を調整します。例えば、
    床装置などの時は1~4か月毎に、ブラケット装置の場合には毎月1回調整します。なお、
    治療期間は、元々の歯ならびの状態や治療を開始する年齢や方法によって異なります。
    治療方針通りに進まないことがあることもご了承ください。
  ⑤(治療終了の検査)
    治療が終了したら治療効果を確認します。治療後は保定装置に切り替えて、
    定期観察をします。
  ⑥(定期観察)
    成長を観察したり治療後の経過観察をしているときは、3~6か月毎に診察します。治療後
    約2年間は続けましょう。なお、必要に応じて定期的に検査することもあります。


3)治療上の注意事項

  1.取りはずしのできる装置(可撤式矯正器具)の場合
  ①装着時間と使用努力
    取りはずしの装置では、装置を着ける努力が必要です。そして、一日の中で長く着ける方が
    効果が現れやすいですし、毎日使うからこそ効果が出ます(使ったり使わなかったりでは
    効果がありません)。装置によっては就寝時に効果を期待する物もありますが、日中する
    場合には状況に応じて装置をはずしたり着けたりすることがありますのでやや面倒でしょうが
    (給食、体育、音楽の授業など、あるいは、会談するときなど)、使い続けると慣れてくる
    ようです。
  ②装置の手入れ
    装置の手入れはとても大事です。歯みがきする時に装置をブラシで洗ってください。しかし、
    お湯で洗ったり、漂白剤やアルコール系の消毒液に浸けたりしないでください。また、
    直射日光が当たるとか、熱くなる所を避けて保存してください。また、大切にしていても
    装置は壊れることがあります。もし、装置が壊れたり変形したらすぐに修理した方が良い
    のでご連絡ください。変形したまま我慢して使ってはいけません。

   2.取りはずせない装置(固定式矯正装置)の場合
   ①違和感と歯みがき
     ブラケット装置や舌側弧線装置などの固定式の装置では、会話、食事の時に違和感が
     つきものです。装着した違和感には慣れるしかありませんが、およそ1週間ぐらいで慣れる
     のが普通です。また、食事のあとは装置の周りに食べカスが引っかかっていますので
     毎食後の歯磨きが大切です。汚れが残っていると虫歯のリスクが高くなりますので、毎回の
     努力が重要です。もちろん、診察したときには歯磨きのチェックをして、歯石や着色などは
     取り除きますが、基本的には毎日のケアであることを理解して頑張ってください。
     治療中に虫歯が見つかったときには早急に対応します。気になるところは相談して
     ください。固定式装置でもゴムなど着けはずしの器具の使用協力を必要なときがありますので、
     良い効果が出るように指示を守ってください。
   ②審美的な治療
     装置が見えることを気にする人が多いようですが、本人は気にしているものの周囲の人は
     常には注視しているわけではありませんので、輝麗になるために努力していることを
     納得しましょう。むしろ、自分のために良いことをしているのです。なお、ブラケット装置は
     前歯部ではセラミック製を利用していますので歯の色に近く目立ちにくいようです。
   ③抜歯か非抜歯か
     抜歯するか非抜歯で矯正治療するかは、歯の大きさの総和と顎の大きさとの比較し、前歯を
     移動する量などを予測してどの歯を抜くか提案しますが、ご希望にも配慮して方針が
     きまります。歯の数が少なくなることは噛み合わせに良くないようにも思えますが、上下が
     不揃いで噛み合わせが悪かったときに比べると噛む効率は上がっていると言えます。
     あるいは、歯を抜かずに歯の側面を少し削って治療することもあります。装置は接着剤で
     歯に接着していますので、かたい物を噛んだり、弾力性のある物を噛むとはずれたり、
           ワイヤが曲がったりすることがありますが、すぐにご連絡ください。

   3.矯正治療中の痛み
       ①歯が動く痛み
     矯正治療は痛みを伴うものです。これは、歯が動くとき、骨に埋まった歯根が押されるので
     そこに痛みを感じるためです。しかし、当たっている部分の骨 2~3日かけて徐々に溶けて
     緩くなり、痛みが消えるものです。それで、装置を調整した 2~3日は堅いものをさけて、
     大きいものは小さく刻んでから食べる工夫が必要です。その後、痛みが引けば支障は
     無くなりますので安心してください。なお、初めて装置を着けたときは予想がつかないこと
     でしょうから、寝る前に鎮痛薬(日頃飲んだことのある市販の鎮痛剤で十分です)を飲むと、
     痛みがなくすっきりと眠れるようです。しかし、痛みが長引くようであれば治療方法を変更する
     必要があるかもしれませんので相談してください。
   ②口内炎
     また、治療期間中は、装置が頬や歯茎、舌などに当たって口内炎ができることもあります。
     これは装置が壊れたり、ずれたり、変形していることもありますので、早めにご連絡ください。

   4.検査について
     治療開始時と終了時は必ず検査をします。レントゲン写真と歯列の型を採ります。その結果で、
     治療方針を決めたり、治療前後の評価をします。治療前の検査で、埋伏歯など異常が見つ
     かった場合には歯科大学などへ紹介することもあります。特に治療終了時の検査はその後の
     安定を評価する際に重要ですので、治療が終わったからといって来院を欠かさないでください。
     また、治療途中で経過をみるためにレントゲン写真を追加撮影することもあります。

   5.治療経過について
     治療途中で治療方針などについて再相談を希望される方もあります。ご希望通りにはかなわ
     ないこともありますが、ご意見やご要望はいつでもお申し出ください。また、期待された効果が
     出ないときや歯が予想どおりに動かないときには検査・再評価して治療方針を変更することが
     あります。なお、治療期間は目標であり、およその目安なので、治療途中で予定通り進んで
     いるか確かめ合うことが必要です。不安な点や、気になることはこまめに先生に相談して
     ください。

   6.治療後の経過観察(保定装置)の場合
    ①保定装置へ切り替え
      装置を除去したらすべて終わりではありません。矯正治療後は歯列が安定するまで
      定期観察が必要で、歯ならびを維持する装置に切り替えます。装置には取りはずしの
      床装置のこともあれば、ワイヤを接着して固定することもあります。取りはずしの保定装置は
      使用方法をよく理解してご協力ください。また、ワイヤ固定の場合には変形、脱離、歯石取り
      について定期健診をしていきます。
    ②保定装置の装着
      装置を除去して保定床装置に切り替えたばかりの時は骨がまだ安定していませんので、数日間、
      保定床装置を使用しないで過ごすと歯がわずかに動きます。そして、保定装置がはいらなく
      なることがあります。数年かけた治療も水の泡となりますので、必ず毎日装着してください。
      装着時間は取り外しのできる装置と同じで、夜間は勿論できる範囲で長時間装着してください。
      なお、ワイヤ固定の場合には脱離しない限り維持されます。治療後の定期観察は2年ぐらいを
      目安にしますが、様子を見ながら継続する場合もあります。
      きれいな歯ならびを維持管理するために、長く定期観察を続けても構いません。
   

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間1、2週間で慣れることが多いです。
歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
矯正装置を誤飲する可能性があります。
装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。