博多南駅のサクラ歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

Mobile Site

矯正歯科

HOME»  矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科とは

矯正歯科」は、歯並びの悪い状態をきちんと噛み合う状態、きれいな歯ならびにする歯科治療です。

しかし、正常な咬合にするために、歯を削ったり、抜いて「差し歯」にすることは、基本的にはありません。

専用の矯正装置を用いて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯ならびと噛み合わせを時間をかけて治していきます。

矯正歯科治療についてもっと詳しく知りたい方は「宮薗矯正歯科」のHPへどうぞ⇒こちらから

当院では 矯正歯科無料相談日を設けております。

矯正を始める時期や歯並びなどが気になる方、まずはご連絡ください。

不正咬合

悪い歯並びを総称して不正咬合といい、心身に大きな影響を与えます。

  • 食べ物が歯の間にはさまり、歯磨きがしにくく、虫歯や歯周病になりやすい。
  • 食べ物をよくかみ砕けず、胃腸などの消火器に負担がかかる。
  • 上下のあごの発育や、顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす。
  • 上あごと下あごをつなぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい
  • 咀嚼筋の発達に影響を与え、筋力のバランスが崩れて姿勢が悪くなる。
  • 正しい発音がしにくくなる。
  • 視力低下の原因になるといわれ、学力や運動能力の低下を招きやすい。

正常咬合

良い歯並びで良いかみ合わせを正常咬合といいます。

正常咬合になれば、多くの問題が解決します。

上下の歯が正しくかみ合い歯の接触面積が広くなり、咀嚼効率が向上し、食べ物の消化・吸収が促進され、心身共に健康な成長発育を示します。

また、健全な咀嚼運動は脳神経の血流を促進し、老化防止にもつながります。

矯正歯科(八重歯・乱ぐい歯)

  • <治療前>

    治療前治療前
  • →
  • <治療後>

    治療後 治療後

歯が重なり合っている状態を叢生(八重歯・乱ぐい歯)と言います。叢生の場合、歯ブラシがゆきとどかず汚れが残りやすくなります。

矯正歯科(出っ歯)

  • <治療前>

    治療前治療前
  • →
  • <治療後>

    治療後 治療後

上の歯が前に出ている咬み合わせを上顎前突(出っ歯)と言います。歯が出ていると、折れたりくちびるを切ったりしやすく、見た目もよくありません。

反対咬合(うけ口)

  • <治療前>

    治療前治療前
  • →
  • <治療後>

    治療後 治療後

下の歯が上の歯より前に出ている咬み合わせを反対咬合(うけ口)と言います。うけ口の人は、食べ物がよく噛めないだけでなく、聞き取りにくい話し方になります。また、顔つきもしゃくれたかんじになります。

矯正歯科(開咬)

  • <治療前>

    治療前治療前
  • →
  • <治療後>

    治療後 治療後

奥歯は咬んでいても、前歯が咬みあわずに、開いているものを開咬と言います。
いつまでも指をしゃぶっていたり、舌を出す癖があったり、鼻のとおりがよくないことから、口で呼吸してしまうことなどから起こります。
開咬は、前歯で食べ物を噛めないばかりか、正しい発音もできません。

Q&A

何歳くらいで相談したらよいのでしょうか?
不正咬合に気づいたら、すぐに相談しましょう。
矯正治療開始時期は、症状により異なります。
大人になってからでも矯正できますか?
もちろん大人でも矯正はできます。
最近は日本でも、大人で矯正する人が増えています。
年齢に上限はありませんが、成長期にある子供は成長・発育を利用しながら治療を進められるので、条件がより有利になります。
歯を抜かなければ、治療ができないのでしょうか?
歯とあごの大きさの不調和が著しい場合は、抜歯が必要となりますが、乳歯から永久歯に代わる頃やあごの成長が旺盛な時期に治療を開始すれば、歯を抜かずに治療する可能性も高くなります。
虫歯や歯周病にかかっていても、矯正はできますか?
矯正の前に歯の検査をして、虫歯や歯周病がある場合は、先に必要な治療をすませてから矯正治療をします。
矯正治療が成功するポイントは、どこにありますか?
矯正治療は長い治療期間を必要とします。
患者さんと矯正医が協力体制と信頼関係を保ちながら、途中であきらめないよう頑張ることが必要です。